Insight2021-01-07T22:03:07+09:00
Loading...

最新情報とソートリーダーシップ

ディアラスが率いる製薬及びライスサイエンス業界のエキスパートにより最先端の全てをご提供致します。

COVID-19 PHARMA ニュース – レムデシビルの道のり

下記プレゼンテーションは英語版です。

COVID-19+Pharma ハブ

エピソード2:危機の中でリーダーシップを発揮する。顧客、組織、そして自分自身のために価値を高める。

Tags: , |

ディアラスCEOのピート・ヘンプシャル氏とヌメロフ&アソシエイツの社長リタ・ヌメロフ博士によるディスカッション・シリーズ「危機の中でのリーダーシップ」の第2話をお届けします。このエピソードでは危機が起こった際に、リーダーがどのように効果的に管理を行い、また、顧客、組織、そして自分自身のために価値を提供し続けるにはどうすればよいのかについて探っていきます。不確実性の高いこの時代に、戦術、ベストプラクティス、ラーニング・エクスペリエンス(学習経験)を探求したいと考えるビジネスリーダーにとって、このエピソードは参考になるのではないでしょうか。

エピソード2:危機の中でリーダーシップを発揮する。顧客、組織、そして自分自身のために価値を高める。

Categories: ニュース|Tags: , |

ディアラスCEOのピート・ヘンプシャル氏とヌメロフ&アソシエイツの社長リタ・ヌメロフ博士によるディスカッション・シリーズ「危機の中でのリーダーシップ」の第2話をお届けします。このエピソードでは危機が起こった際に、リーダーがどのように効果的に管理を行い、また、顧客、組織、そして自分自身のために価値を提供し続けるにはどうすればよいのかについて探っていきます。不確実性の高いこの時代に、戦術、ベストプラクティス、ラーニング・エクスペリエンス(学習経験)を探求したいと考えるビジネスリーダーにとって、このエピソードは参考になるのではないでしょうか。

COVID-19、中国、遠隔医療

Categories: 思考作品|Tags: , |

新型コロナウィルス感染症(COVID-19)のため、世界各国で日常生活の混乱が続いていますが、中国ではオンライン医療と遠隔医療の改革が進んでいます。中国はどのように遠隔医療を普及させたのでしょうか?COVID-19に直面した中国で遠隔医療が比較的迅速に普及したのはどのような要因によるものでしょうか?そして私たちは、そこからどのようなことを学ぶことができるでしょうか?COVID-19 + 製薬シリーズの最新記事ではこれらの点について検討します。

新型コロナウィルス(COVID-19)が新薬発売に及ぼす影響:製薬会社のジレンマ

Categories: 思考作品|Tags: |

新型コロナウィルス(COVID-19)は、何年にもわたって準備をしてきた新薬発売計画に打撃を与え、手続きの複雑化、遅延を生じさせ、新製品の販売促進と啓発の機会を大幅に制限しています。よく練られた新薬発売計画に対して発生したこれらの状況の変化に、製薬業界は、どのように対応しているでしょうか?また規制機関はどのように対応しているのでしょうか?ここでは、パンデミックが新薬発売のタイミングと戦略に与え得る影響について検討します。

新型コロナウィルス(COVID-19)によって、臨床試験にはどのような影響があるでしょうか?

Categories: 思考作品|Tags: |

COVID-19の世界的な流行の中で、製薬およびバイオテクノロジー企業は感染拡大の破壊的な影響を実感しつつあります。患者の外出自粛から、実施医療施設の閉鎖、出張の制限、または新しい治験薬のサプライチェーンへの中断まで、COVID-19に起因する問題に製薬業界が今後も影響を受ける可能性があり、新しい臨床試験は大幅に延期される可能性があります。

グロリア・クォンがシニアプリンシパルとしてディアラスに加わる

Categories: ニュース|

グロリア・クォンがロサンゼルスのオフィスを拠点にシニアプリンシパルとしてディアラスチームに加わったことをご報告いたします。 グロリアはビジネス戦略及び、製薬やバイオテクノロジー企業での商品化における著しい経験を持っています。ディアラス入社前は、ナビガントコンサルティングに8年以上勤めていました。

ピーター・バルシュドルフが副社長としてディアラスに加わる(アメリカ合衆国)

Categories: ニュース|

ディアラスはピーター・バルシュドルフが米国のコンサルティング事業を率いる、ロサンゼルスとニューヨークのオフィスに副社長として加わったこと公表でき、嬉しく思います。

JAK阻害剤の将来

January 6th, 2020|Categories: ホワイトペーパー|Tags: , , |

ヤヌスキナーゼ阻害剤(JAK)は、市場参入の過程で、過去数年にわたって、ブロックバスタードラッグと称賛されるかと思えば、ブラックボックス警告を受けるなど、劇的な浮き沈みを経験しています。しかしこれらの障害に直面しているにもかかわらず、製薬会社はJAKが患者ケアにパラダイムシフトをもたらすだろうと確信し、依然として高い関心を持って研究開発を進めています。JAK阻害剤は次々と生じる規制上の障害を乗り越えて、患者に新しい治療オプションを提供できるのでしょうか?このホワイトペーパーでは、JAKの現状を調査し、JAKが将来成功する可能性を探ります。

ヘルスケアのデジタル化 — 変化を受け入れ、 機会を作る。

December 18th, 2019|Categories: ホワイトペーパー|Tags: , |

ヘルスケアは常に変化に対して抵抗力があると評判でしたが、消費者の需要と急速に進化するテクノロジー主導の世界は、医療のデジタル化を並々ならぬペースで動かしています。このホワイトペーパーでは、現在ヘルスケアに浸透しているデジタル化の傾向を探り、患者、支払者、そして製薬自体に対するデジタルヘルスの影響について掘り下げて説明します。私たちは、現在の状況を把握し、将来の傾向について議論し、戦略的インテリジェンスが非常に多くのデジタルイノベーションに直面するヘルスケア業界の重要な質問にどのように答えるのに役立つかを探ります。

NASHについて語ろう!

November 5th, 2019|Categories: ホワイトペーパー|Tags: , |

今、数名の有望な志願者達が、数十億円単位のビジネス競争を繰り広げています。 世界では、何百万人もの患者がNASH、または非アルコール性脂肪肝炎という病に冒され、2020年までには、その罹患者数がC型肝炎を押さえ、アメリカ全土における肝移植原因の第一位に躍り出ると見込まれています。 複合創薬開発者達がこれに挑み、現在、この複雑で静かな疾病に取り組むため、様々な異なるアプローチがなされています。 今まさに、この多大な利益が生まれるであろう未開拓のマーケットに一体誰が最初にゴールのテープを切るか注目が集まっています。

ディアラスのジョナス・ピーダーソン氏 2019年開催の欧州医薬品競合インテリジェンスに関するカンファレンス(Pharma CiMi.CON)での基調演説

October 16th, 2019|Categories: 動画|Tags: |

ジョナスは、今日のダイナミックで混乱する市場と言える製薬業界において、如何に戦略的インテリジェンスが重要であるか、深く掘り下げる基調演説を行いました。 彼は、競合的・戦略的インテリジェンスがどのように関係しており、どうすればより戦略面に注視したエンゲージメントを築くことができるか、そして、重役が自分のインテリジェンスチームとの戦略的パートナーシップに対し価値を見い出す為にどのような手助けをすればよいかと探究してきました。

ディアラスのジョナス・ピーダーソン インタビュー(Pharma CiMi.CON EU, 2019年)

October 14th, 2019|Categories: 動画|

ジョナスは、製薬業界で戦略的インテリジェンスが意味するものは何か、そしてどう価値を与えていくかについてさらに追究しながら、彼の基調演説についての質問に答えています。

競合的シミュレーション戦略

Tags: , , , |

私たちのクライアントは、利益が高く稀な領域で大規模な製薬会社と直面していました。彼らは競合他社のローンチ計画や彼らの自社製品をターゲットにした計画を立てていないか分析する機会を確実に持てるように望んでいましたが、クロスファンクショナル(部門間協力)な昔ながらのワークショップを行う時間がありませんでした。彼らは、彼らのゴールを議論し、今後の最良の戦略方法について評価するためにディアラスを訪れました。このケーススタディによって、昔ながらの競合的シミュレーションアプローチに対して独特な解釈を加えたローンチシナリオを見つけることができます。

成功のためのローンチ

Tags: , , , |

私たちのクライアントは、小〜中規模間の開発パイプラインが限られた製薬会社で、彼らにとって初の稀少疾患を治療するためのオーファンドラッグをローンチする過程にありました。彼らは競合的環境に対する事前の知識もなければ、ある基準に準拠されたローンチ計画の過程や手順もないような比較的小さな組織でした。このケーススタディでは、クライアントが彼らの競合的状況を理解し、市場でのローンチに係る労力をスリム化し、試験を重視し彼らのローンチ計画戦略を見直すことができるように、どうやって私たちが彼らに協力していくのかを探ることができます。

資産評価

Tags: , , , , |

私たちのクライアントは、中規模の製薬会社で、ヨーロッパ中心部・南部や中東での治療選択肢の限られた中で、病原菌治療のための抗生物質をローンチすることに関心を持っていました。彼らの抗生物質は、多剤耐性を持つ病原菌に取り組むという珍しさとターゲットとする地域で全くといって需要が満たされていないことから、特に商用化の可能性が高い候補と言えます。私たちのクライアントは、商業的資産価値を評価するために、そして商用化する上で最適な戦略的ルートについて助言するために、彼らのビジネスインテリジェンスマネジャーと共に取り組むよう私たちを招きました。

.
スポンサー:Pharmacon(アジア

2020年09月23-25日
バーチャルイベント

詳細情報

.
スポンサー:Pharma CI (ヨーロッパ)

2020年7月1-2日
チューリッヒ, スイス

詳細情報

.
スポンサー:Pharma CI (米国)

2020年9月29日-10月1日
バーチャルイベント

詳細情報

最新ニュースを受け取るためにメールアドレスをご登録ください。

    Go to Top